メニュー
かつおの角煮
大きめ角煮が8個ほど
200g
南国土佐で鰹一筋150年、土佐沖でとれた新鮮な鰹にこだわりぬいた本物の味わいをおいしい角煮でお楽しみいただけます。

新鮮な鰹をおいしく食べやすく角煮にしてあります。

百年土佐節、明治3年創業以来伝承の製法に土佐の気候・風土に合わせて、また独自で手法を研鑽されて商品を作られてきた浜吉ヤさんのかつおコロコロ角煮です。

かつおの風味ゆたかでしっとりやわらか、甘さもほどよくそのままおいしく召し上がっていただけ、またお酒のおつまみにもぴったりです。

またかつおは高タンパクで低カロリー、ダイエットや健康食にもぴったりの素材です。

白菜、舞茸との炊き合わせがそれぞれの旨みがお互いにしみ込み合ってとてもおいしくいただけます。

かつおはご存知のように日本の伝統的な出しの原材料で、和食のおいしさはこのかつおの旨みから生まれています。

春の旬の食材 たけのこのひかえめな甘みとほろ苦さは、かつおの旨みとの相性が抜群で、
その炊き合わせは、たけのこの名産地のここ京都でも昔から親しまれています。

暑い夏にはこのかつおの角煮のお茶漬けがお薦めです。
少しほぐしてご飯の上にのせ、熱い煎茶またはお湯を注ぐだけで味わい豊かなかつおのお茶漬けが楽しめます。

あっさりとしていながら風味豊かなかつおは、夏バテの気味の食欲と元気を呼び覚ませます。

また実りの秋にはかぼちゃとの、寒い冬は白菜や舞茸などと炊き合わせがそれぞれおいしくお楽しみいただけます。

四季折々そのときの旬の食材とかつおはまさに互いに出会うべくして出会ったベストパートナーですね。

どうぞ南国土佐 浜吉ヤさんのおいしいかつおの角煮をお楽しみください。

 

 

¥500   


【ワンポイントレシピ】

◎ たけのこ・かつおの炊合わせ ◎

① たけのこはできるだけ早めに下ゆでして鮮度を保ってください。

旬の松茸でおいしい松茸ご飯をどうぞお楽しみください。

② たけのこを一口大にきって、かつおのだし汁と一緒に鍋に入れ、煮立ったらみりん、しょうゆ同量とかつおの角煮を入れて中火にします。

③ 落し蓋をして汁気がなくなったら、火を止めて最後にかつお節をふり掛けてさっと混ぜてください。

④ 山の幸、海の幸の取り合わせ、この時期の味覚をどうぞお楽しみください。

 

百年土佐節 浜吉ヤ
山中 昭典さん



明治の3年から150年の伝統を守られてきた百年土佐節 浜吉ヤさん。

2018年2月のシーフードショー大阪
というイベントで、全国から集まる数多くのブースの中でただ一人、百年土佐節 浜吉ヤの看板の元で奮闘されていた山中昭典さんとご縁をいただきました。


六代目にあたる山中昭典さんは、大学を卒業後商社に5年勤められましたが、地域を盛り上げていきたいと故郷に戻られ
家業をつがれました。


脂質が高く旨みのある上質なかつおに
こだわって浜吉ヤさんの現場では今日も
手作業でかつおをさばかれています。


150年続くお店のことだけではなく、
地域のことを、そしてそこから広がる
ご縁を大切にされる百年土佐節 浜吉ヤ
山中昭典さんたちの手作りかつお商品を
どうぞ応援ください。


かつおの角煮


週末、かつおの角煮と屋外に

山や湖の辺、大自然の中で海の恵みを
楽しんでみませんか。


南国土佐の「かつおの角煮」は、
お湯で温めればそのままアウトドアで
手軽に召し上がっていただけます。

静寂や風を感じて、星や月を見上げて、
この週末に心からこの味覚、この贅沢、
この時間を楽しんではみませんか。



こちらもお薦め

うるめの丸干し

小ぶりでほどよい歯ごたえとぐっと旨みのあるうるめいわしの丸干しがあります。
¥800



こちらもお薦め

にしんの姿煮

京の伝統的なおばんざいにしんの姿煮をお気軽に食卓で
ただいま品切れです。



こちらもお薦め

たけのこ

春の季節野菜として日本料理や中国料理などに広く利用されている「たけのこ」、肉質のやわらかさ、甘味、その香りが優れた京都・大枝塚原産などをお届けしています。寒い冬を越えた春の息吹をどうぞお楽しみください。
ただいま品切れです。



こちらもお薦め

にろぎの丸干し

南国土佐のうまいもん にろぎの丸干しが入ってきました。小さなものは6センチほど、けれどその中には旨みがギュッとつまっています。
ただいま品切れです。



こちらもお薦め

さばの燻製

脂質の高いノルウェー産のさばをやわらかくじっくり燻製にしました。しっとりジューシー、旨みたっぷりのさばの燻製をどうぞお楽しみください。
¥300



こちらもお薦め

土佐の焼きかつお

南国土佐で150年以上続く鰹節の老舗 浜吉ヤさんの作った本場の焼きかつおです。
¥500



ページ
トップ