メニュー
ハウスみかん
みかんといえば12月-1月に出荷されるのが一般的ですが、温室みかんの登場によって初夏から真夏の時期にも食べることができるようになりました。佐賀県産 唐津ハウスみかんなどその時期旬のハウスみかんをご用意いたしております。

佐賀は300年以上の露地みかんの歴史があり、昭和48年からいち早く温室みかんを開始し、全国に先駆けて栽培のノウハウを蓄積し、その長年の栽培技術と知恵と努力によって、日本一のハウスみかん産地に成長しました。

 

唐津ハウスみかん


唐津市は九州ではありますが、玄界灘に面し冬場はなかなか厳しい季候でもあります。
赤土の土壌でできた唐津のハウスみかんは、色つきが濃く、また味も濃いおいしいみかんです。

2017/05/15
ハウスみかんの時期になってきました。
今シーズンも佐賀県、大分県の特選みかんがはいってきています。

2017/07/04
ハウスみかんは、手でそのまま皮がむけますのでご年配の方にとくにお喜びいただいています。
少し汗ばむこの季節に果汁たっぷりのハウスみかんをどうぞご利用ください。

 


この時期ございません。



【 大分産のハウスみかん 】

大分県は、佐賀県、愛知県に次いで全国3位の生産量を誇るハウスみかんの産地で温暖な気候に恵まれた風土を生かして糖度が高く、食味のよい秀逸のハウスみかんを作られています。

繊細でやわらかな蟹身のおいしいさ


【 ハウスみかんの栽培方法 】

露地の温州みかんが4月下旬から5月上旬に開花するのにたいして、ハウスのみかんは秋から加温したハウスで育てて11月頃に花を満開にさせます

少し汗ばむ初夏の季節に果汁たっぷりのハウスみかんを出荷するためには温度と水分の管理がとても大切で、栽培農家では甘みをひきだすために水分を極限まで控えておいしいみかんを栽培されています。
 

ページ
トップ