メニュー
岸田蜜柑
次世代のみかん作りに取り組んでいる大分国東半島の岸田蜜柑です。 肥料は化学的なものを使わず良質なものをほんの僅か、その代わりに愛情をたっぷりそそいで育てられています。

岸田蜜柑も的兵みかんと同じく京都中央卸売市場のみの卸入荷みかんです。

うまいもん屋では岸田和章さんが作られる岸田蜜柑を店頭を中心にお薦めして販売しています。

国東半島岸田蜜柑の3つのこだわりをご覧ください。

みかんの味わいを言葉で説明するのは簡単ではないですが、岸田蜜柑は一般に言われるまろやかというみかんとは少しことなり、1月下旬まで入ってくる宮川早生はコクがあり口にした際に強いインパクトがあります。

この岸田蜜柑を食べた小さなお子様はまず間違いなく「このみかんが好き!」と手を上げ、みかんを試食された方の9割以上の方がお買い求めされています。

蜜柑をできるだけ長い期間樹に成らせておくことで完熟させ、また収穫の後にしっかり貯蔵管理することでこのコクが生まれてくるようで、他の産地から中生(なかて)や晩生(おくて)のみかんの入荷が始まる時期にも岸田果樹園さんからはとてもおいしい宮川早生(わせ)のみかんが入ってきていました。

どうぞこだわりの岸田蜜柑のサイトもご覧ください。そのおいしさの秘密がおわかりいただけると思います。

1箱5キロ入りですが、店頭では1キロからの販売をしております。

品切れもありますので、どうぞ前もってお気軽にお問合せください。

2018/02/13
ただいまの品種は中生(なかて)の『紀州葵』です。
とてもめずらしい品種で栽培が難しいようです。紀州葵(外部リンク)をご覧ください。

外皮はむきやすく、房皮はそれほど厚くはありません。
食味はフルーティーですっきりした甘みが特徴です。
キロ単位での販売もしておりますので、どうぞ皆様ご利用ください。

2018/02/24
今シーズンの岸田蜜柑さんの扱いを終了いたしました。
コクがあり、口にした際のインパクトがとても印象的な岸田蜜柑さん、次は12月頃の入荷になります。

2018/03/02
一旦終了としていました岸田蜜柑さん、
また新たな品種中生(なかて)の「川田」が入りましたので販売を再開いたします。

国東半島岸田蜜柑さんの中生品種「川田」は茶箱に入っています。
「川田」は品種登録されていない幻のみかんで、
果皮がうすめ、房皮もうすく、酸味なく甘みたっぷり、
それでいながらすっきりした味わいで強くお薦めできます。
どうぞ川田温州(外部リンク)をご覧ください。

2018/03/06
岸田蜜柑の新たな品種晩生の「青島」が入ってきました。
的兵みかんでもおなじみの「青島」、この岸田蜜柑の場合はしっかり酸味があり味わいがしっかりしています。

国東半島岸田蜜柑さんの晩生品種「青島」はほんとに晩生の入荷ですが、とってもフレッシュです。


この時期にこんなにフレッシュで、シャキッとしたみかんが食べられるとは本当に驚きです。
もういちどおいしい温州みかんをという方はどうぞお早めにご連絡ください。

2018/03/14
今シーズンの岸田蜜柑さんの販売を終了いたします。
3月中旬までおいしいみかんをお届けいただきました岸田和章さんほんとうにありがとうございました。
自信をもってお薦めでき、またお買い上げいただきました皆様にもとても喜ばれました。

岸田蜜柑、来シーズンも今から楽しみにしております。


この時期ございません。



特選みかんを相場価格で
 

うまいもん屋は固定価格販売ではなく、相場に合わせてできるだけお求めやすいよう取り寄せをしております。

◎ ご用向き(贈答、ご自宅用)

◎ サイズ(SS、S、M、L、LL)

◎ 等級(赤秀青秀、無印)など

◎ ご予算(5000~6000、出来るだけ安くなど)

◎ ご利用の時期(指定日時、年末までに)

 などの

ご希望をメール、ファックスでお聞かせ下さい。
ご予算内で皆様に喜んでいただけるできるだけよい品をご用意いたします。

ご注文からお届けまでのお時間をいただければ、
相場の上下があってもよりお得にお買い求めいただけます。

他のネット販売店との価格比較もどうぞ行ってみてください。 


ページ
トップ