メニュー
岸田蜜柑
次世代のみかん作りに取り組んでいる大分国東半島の岸田蜜柑です。 肥料は化学的なものを使わず良質なものをほんの僅か、その代わりに愛情をたっぷりそそいで育てられています。

大分の国東半島では効率的な土地・水利用が実践され豊かな農村文化が形成されており、豊かな農林産物と生態系をもたらすクヌギ林とため池による循環型農林業が行われています。その積み重ね、功績が2013年に世界農業遺産として認定されました。

関西圏では和歌山や愛媛が柑橘の名産地として知られていますが、岸田蜜柑はこの大分の国東半島で栽培されています。

うまいもん屋では岸田和章さんが作られる岸田蜜柑を皆様にお薦めして販売しています。

シーズン一番手として11月の中下旬からゆら早生(わせ)
同時期に梶原1号が入り、高林早生(わせ)という品種も入ってきます。
その後すばらしい味わいの宮川早生(わせ)が2月上旬まで
やわらかでフルーティーな紀州葵
晩生の品種として高糖系の大津4号や濃厚な風味の丹生(にゅう)
甘みたっぷりで後味すっきりな川田
しっかりした味わいの青島が入ってきます。

国東半島岸田蜜柑の3つのこだわりをご覧ください。

みかんの味わいを言葉で説明するのは簡単ではないですが、岸田蜜柑は一般に言われるまろやかというみかんとは少しことなり、2月上旬まで入ってくる宮川早生はコクがあり口にした際に強いインパクトがあります。

この岸田蜜柑を食べた小さなお子様はまず間違いなく「このみかんが好き!」と手を上げ、みかんを試食された方の9割以上の方がお買い求めされています。

みかんをできるだけ長い期間樹に成らせておくことで完熟させ、また収穫の後にしっかり貯蔵管理することでこのコクが生まれてくるようで、他の産地から中生(なかて)や晩生(おくて)のみかんの入荷が始まる時期にも岸田果樹園さんからはとてもおいしい宮川早生(わせ)のみかんが入ってきます。

どうぞこだわりの岸田蜜柑のサイトもご覧ください。そのおいしさの秘密がおわかりいただけると思います。

2023/10/11
今シーズンの出荷をあと1か月ほどにひかえ、岸田果樹園の園主 岸田和章さんが京都中央卸売市場に来られました。
猛暑や少雨など夏場の厳しい時期を乗り越えて、今年もまず順調にみかんが育ってきているとのお話を伺いました。
今年の岸田蜜柑を楽しみにもうしばらくお待ちください。

2023/11/13
岸田蜜柑の入荷を楽しみにしいらっしゃるお客様からのお問合せを多数いただいております。
どうぞもうしばらくお待ちください。

2023/11/18
岸田蜜柑が初入荷しました。
梶原1号という品種で、ゴクリとした濃厚な甘さがあります。
皆さま、どうぞ今シーズンの岸田蜜柑をお楽しみください。

2023/12/14
店頭での品薄の状態が続いております。箱単位で購入希望の方はどうぞご来店の数日前にご予約をお願いします。

2023/12/16
岸田蜜柑の宮川早生が入ってきました。
コクと旨みたっぷりのうまいもん屋イチオシの品種になります。 

2024/01/06
新年本日から、品種は宮川早生が入ってきております。

2024/01/13
本日新たに『田口早生(たぐちわせ)』が入りました。
少し酸味もありますがゴクリとした濃口の味わいがあります。
この『田口早生(たぐちわせ)』は入荷量それほど多くないですので、ご希望の方はどうぞお早めにお知らせください。
食べ比べ希望の方は、『宮川早生(みやがわわせ)』と『田口早生(たぐちわせ)』のセットでもご用意いたします。

2024/01/18
次回の岸田蜜柑の入荷が来月になるという情報が入りました。
当面ご注文いただいている方のみ、箱単位でお渡しできますが、場合によっては2月以降のお届けになることもございます。どうぞご了承ください。

2024/02/01
岸田蜜柑、一旦完売となりました。
このあともまだ入荷はあるようですが、今シーズンは量が少なめですのでご希望の方はどうぞお早めにお知らせください。

2024/02/05
岸田蜜柑、本日再入荷しました。品種はフルーティーで濃厚な甘みがある高糖系の晩生『丹生(にゅう)』になります。
お値段ちょっと高めになりますがこれはお薦めです。どうぞご利用ください。

2024/02/13
本日より丹生(にゅう)と同じく高糖系の晩生(おくて)の品種『今村(いまむら)みかん』が入ってきました。
房の皮は、早生のようにやわらかではありませんが、丹生(にゅう)よりもさらに濃厚で奥深い味わいがあります。
栽培が難しく「幻のみかん」とも呼ばれている『今村(いまむら)みかん』をどうぞお試しください。

2024/02/17
本日で岸田蜜柑、今シーズンの最後の入荷となりました。
よい状態を保って。これから半月、できれば1か月をめざして販売していきます。
箱単位で購入ご希望の方は、どうぞあらかじめご予約ください。

長い冬を越えて、このあと岸田さんの不知火(しらぬい)、岸田デコがGW前後に入荷する予定です。
トンネル栽培で熟成された岸田デコをどうぞもうしばらくお待ちください。

以下は過去の履歴になります。


2022/08/27
本日京都中央卸売市場に岸田和章さんがお見えになられました。
東北や北越などが大きくニュースで報じられていましたが、九州地方も大雨で果樹への影響がでているとお話を伺いました。
これから収穫の時期に向けて出来ることはすべてやるというしっかりとした気持ちが伝わってきました。

2022/11/10
もう間もなく入荷が始まります。すでに多数のご予約、ご注文をいただいております。
今シーズンの岸田蜜柑、どうぞもうしばらくお待ちください。

2022/11/12
暖かい日がつづいて今シーズンは蜜柑の色づきが遅れているそうで、
初入荷は11月21日前後になりそうです。
すでにご予約多数承っておりますのでお急ぎの方はどうぞお早めにお知らせください。

2022/11/21
本日岸田蜜柑が初入荷しました。今シーズンの最初の品種は『ゆら早生(わせ)』になります。
ご予約いただいております方には順次お送りしていきます。
店頭でも1キロから販売しておりますので、どうぞご利用ください。

2022/12/01
今シーズンの入荷、まだ量はわずかです。
ご注文からお届けまでお時間いただいております。
店頭での販売品切れがでておりますので、岸田蜜柑をお求めの方はどうぞ前もってお問合せください。

2022/12/03
本日入荷の品種『梶原1号』になります。
入荷量が少なく、品薄でお値段高めになっております。
ご希望の方はどうぞお早めにお知らせください。

2022/12/10
本日、『田口早生』に品種がかわりました。

2022/12/20
本日より岸田蜜柑の代表品種『宮川早生(みやがわわせ)』が入ってきました。
イチオシのすばらしい蜜柑です。どうぞご利用ください。

2023/01/06
新年本日初入荷になります。
もうしばらくお薦めの『宮川早生(みやがわわせ)』が続く模様です。

2023/01/19
本日、『田口早生』に一旦品種がかわりました。
宮川早生よりも酸味が少なくやさしい味わいです。

2023/01/20
一押しの『宮川早生(みやがわわせ)』に戻りました。
もうしばらく、おそらく1月末位までの入荷の予定です。
2月以降にご希望の方はできるだけ良い状態でお取り置きいたしますので、どうぞお早めにお知らせください。
すでに多数ご注文いただいております。

2023/02/03
本日より高糖系とよばれる糖度が極めて高い晩生(おくて)の品種 丹生(にゅう)が入ってきました。
房の皮は少し厚めですが、フルーティで後あじの良い甘みがあります。

2023/02/16
今シーズンの岸田蜜柑を完売いたしました。多数のご利用いただきありがとうございました。
このあと岸田さんの不知火(しらぬい)、岸田デコが4月、5月頃に入荷する予定です。
トンネル栽培で熟成された岸田デコをどうぞお楽しみにお待ちください。


2021/10/15
本日京都中央卸売市場に岸田和章さんがお見えになられました。
今年は11月5-12日位に初出荷される予定だそうです。
今シーズンの岸田蜜柑を楽しみにどうぞもうしばらくお待ちください。

2021/11/03
初入荷が近づいてきました。お問い合わせも多数いただいております。
皆様岸田蜜柑を楽しみにどうぞ今しばらくお待ちください。

2021/11/09
いよいよあさって11月11日(木)から今シーズンの岸田蜜柑の入荷が始まります。
一番最初の品種はゆら早生になります。

2021/11/11
本日岸田蜜柑が初入荷となりました。一番手の品種はゆら早生。
まだ少し酸味が残りますが深い甘みと合わさりコクがあります。房の皮はとても薄く食味は最高です。
どうぞ今シーズンの岸田蜜柑をお楽しみください。

2021/11/13、15、18、24、25 
2021/12/02、03、04、16、17
11月中旬より岸田蜜柑の二番手の品種 梶原1号が入ってきています。
こちらも甘みと酸味がどちらも強く深くコクのある味わいです。
この時期一番お薦めの蜜柑です。

2021/12/20、23、24、25、27
2022/01/06、08、13、14、17、18、29、31
2022/02/03
岸田蜜柑のイチオシ品種 宮川早生も最終になります。
房の皮がとても薄く、口に含むと果汁たっぷりあふれでるおいしさです。
岸田蜜柑 宮川早生をどうぞお見逃しのないようご利用ください。

2022/01/24
2022/02/04
田口早生という品種が入ってきました。この時期貴重な房の皮が薄い早生みかんです。

2022/02/10
本日より紀州葵に品種が入ってきました。やわらかでフルーティな口当たりのよいみかんです。
例年数回ほどの入荷になりますのでご希望の方はどうぞお早めにお知らせください。

2022/02/17、18
本日より晩生(おくて)の品種 大津4号が入ってきました。
高糖系ともよばれる糖度が極めて高い晩生(おくて)の品種で、早生(わせ)のように房の皮は薄くはないですが、今シーズンの岸田蜜柑の大津4号はコクもありすばらしい味わいです。お薦めいたします。

2022/02/19
本日より晩生(おくて)の品種 青島が入ってきました。
青島も高糖系ともよばれる糖度が極めて高い晩生(おくて)の品種です。お薦めいたします。

2022/02/22、24、26
本日より晩生(おくて)の品種 丹生(にゅう)が入ってきました。
丹生も青島、大津4号と同じく高糖系ともよばれる糖度が極めて高い晩生(おくて)の品種です。
房の皮は少し厚めですが、南国のトロピカルフルーツのようなねっとりした甘みがあります。お薦めいたします。

2022/03/03
本日より極晩生(ごくばんせい)の品種 今村(いまむら)みかんが入ってきました。
丹生(にゅう)と同じくトロピカルフルーツのようなごくりとした味わいがある高糖系のみかんです。
栽培がむずかしい品種で「幻のみかん」とも呼ばれているようですが、今回はじめて販売させていただきます。 

岸田蜜柑は1箱5kg入りになります。店頭で箱買いされるお客様が一番多いのがこの岸田蜜柑です。
品切れもございます。
お取り寄せでご用意いたしますので、箱単位でお求めの方はどうぞ前もってご連絡ください。
1キロから量り売りにも対応しています。

2022/03/22
今シーズンの岸田蜜柑の販売を終了いたしました。沢山のご利用いただきありがとうございました。
4月には、岸田デコが入ってきます。
どうぞ楽しみにお待ちください。


2020/11/09
産地では一年でも一番忙しい時期を迎えられていますが、今シーズンはここ数年来もっともよい感じで育ってきていると園主の岸田さんからお知らせいただいております。
皆様どうぞ今年の岸田蜜柑を楽しみにおまちください。

2020/11/12
本日大分の国東半島から岸田蜜柑が初入荷いたしました。
まだ本格的なみかんの季節には少し早いこの時期にもうすでに酸味がほとんど感じられないほど抜けて、フルーティで口当たりのよい食感をお楽しみいただけます。この時期のイチオシです。是非お試しください。

2020/11/17
岸田蜜柑、店頭完売いたしました。
明日は中央市場の休場日になりますので、最短であさって19日の仕入れになります。
皆様、どうぞ今しばらくお待ちください。

2020/11/19
岸田蜜柑本日入荷いたしまいた。店頭でも販売しております。
品種は梶原1号、コクがあり口当たりよく1個で十分に満足していただけます。

2020/11/26
岸田蜜柑のアンコールでのご注文早くもいただいております。
本日よりゆら早生も入ってきました。
酸味、甘みどちらも強めでグッとこくのある味わいです。
岸田蜜柑のゆら早生をどうぞお試しください。

2020/12/10
本日より岸田さんの代表品種 宮川早生(わせ)が入ってきました。
房の皮がとてもうすくて口当たりよい果汁たっぷりのみかんです。
どうぞ岸田蜜柑の宮川早生をお楽しみください。

2020/12/17
田口早生が入ってきました。これから宮川早生田口早生が年末頃まで入荷の予定です。

2020/12/24
お正月用のみかんのご用意いかがでしょうか。
岸田蜜柑の 宮川早生(わせ)お薦めです。
お忘れのないようどうぞお早めにお知らせください。

2020/12/29
本日が京都中央卸売市場の年末最終、止め市になります。
今日入荷のお薦めみかん岸田蜜柑 宮川早生をお正月にどうぞお楽しみください。
午前中で完売となりました。皆様本年もご利用いただきありがとうございました。どうぞよい新年をお迎えください。

2021/01/05
京都中央卸売市場は本日が新年の初セリになります。
岸田蜜柑は本日入荷がありませんでしたが、
例年はこの後も2月上中旬まで早生みかんが入ってきます。
今年もぜひ岸田蜜柑をお楽しみください。

2021/01/07
本日岸田蜜柑の新春の初入荷がありました。
品種は房の皮がとても薄く口当たりのよいお薦めの宮川早生(わせ)です。
お正月みかんからのアンコールで多数ご注文いただいています。
新春も岸田蜜柑をどうぞお楽しみください。

2021/01/30
本日岸田蜜柑の興津早生(おきつわせ)が入ってきました。
早生みかんとしてはもっとも一般的に栽培されている品種になります。
どうぞ岸田蜜柑の興津早生をお試しください。

2021/02/02
本日岸田蜜柑の紀州葵(きしゅうあおい)が入ってきました。数あるみかんの中でもとてもめずらしい品種だそうです。
房がとてもやわらかでインパクトのある宮川早生とはタイプがことなり、やさしく繊細でフルーティーな味わいがあります。
例年入荷は僅かですので是非お試しください。お薦めいたします。

2021/02/04
本日岸田蜜柑の高糖度系の品種大津4号(おおつよんごう)が入ってきました。
この1週間で興津早生(おきつわせ)、紀州葵(きしゅうあおい)、宮川早生(わせ)、大津4号(おおつよんごう)と4つの品種が入ってきています。
店頭ではそれぞれ食べ比べしていただけます。
ネットご利用の方もミックスでご用意できますのでどうぞご希望お知らせください。

2021/02/08
この時期も多数岸田蜜柑のご注文、ご利用をいただきありがとうございます。
品種さまざま入ってきておりますが、早生みかんもほぼ終了のようです。
この後、高糖系の青島(あおしま)丹生(にゅう)が入ってくる見込みです。

2021/02/10
本日岸田蜜柑の高糖系の品種 青島(あおしま)丹生(にゅう)の両方が同時に入りました。
どちらも数量はそれほど多くありません。

2021/02/15
岸田さんの丹生(にゅう)は、他の生産者の方のみかんと比べると見た目は劣りますが、その味わいはフルーティーでいて、なおかつおちついた甘みがあり、1個で十分にその旨みをお楽しみいただけます。

お薦めの丹生(にゅう)をどうぞお試しください。 

2021/02/20
本日岸田蜜柑の宮川早生(みやがわわせ)が入ってきました。
収穫後に温度と湿度を管理され熟成のみかんとして初めて出荷されました。
この時期に早生みかんはもうこの岸田蜜柑の宮川早生(みやがわわせ)以外にはありません。
あのすばらしいみかんをもう一度という方は是非お試しください。

2021/03/03
岸田蜜柑を完売いたしました。
皆様には今シーズンも多数ご利用いただきほんとうにありがとうございました。
このあと4月上旬頃から岸田デコが入ってきますので、どうぞそちらもお楽しみください。

☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆

2019/11/01
毎年岸田さんの作られる蜜柑を楽しみにされている方から今シーズンも岸田蜜柑のご注文すでにいただいております。
いよいよみかんのシーズンが近づいてきました。どうぞ皆様今シーズンの岸田蜜柑にご期待ください。

2019/11/20
今シーズンも岸田さんのおいしい蜜柑が入ってきました。

一番手の品種はゆら早生(わせ)です。
おいしい蜜柑に共通の外皮がむきづらいという難点がありますが、
房の皮はとても薄く、果汁たっぷりでのど越しがとてもよい蜜柑です。

酸味もありますがそれを上回る甘みがありますのでとてもコクのある味わいで、
一度に何個も食べなくても、1個で十分に満足いただける蜜柑です。
この時期イチオシの蜜柑です。

2019/12/09
ただいまの品種は梶原1号です。今シーズンの梶原1号酸味は少なく、とろりとした甘みがあり、サクッとした食味が特徴です。こんな蜜柑があるのかと驚くようなおいしさです。

2019/12/23
お正月にはかかせないおいしいおみかんをお探しの方、店頭で岸田さんの蜜柑を試食販売しております。
どうぞ一度岸田蜜柑をお試しください。そのおいしさにきっと驚かれますよ。

2019/12/28
お正月ももう目の前のこの時期に高林早生(わせ)という品種が入ってきました。外皮は少し厚めですが、房の皮はうすく、果汁も十分でのど越しのよいみかんです。甘みはまずまずであとくちがすっきりとしてフルーティーな食味です。

2020/01/07
岸田蜜柑の宮川早生(わせ)が入ってきました。
外皮は少し厚めですが、房の皮はうすく、果汁も甘みも十分ありふくよかな味わいをお楽しみいただけます。
新春のみかんとしてお薦めいたします。

2020/01/20
ただいまの品種は宮川早生(わせ)です。
とても房皮うすく、甘みふくよかでとても口あたりのよいみかんです。
この時期にお薦めいたします。 

2020/01/23
本日入荷の岸田蜜柑は梶原1号です。

2020/01/28
ふたたび宮川早生(わせ)が入ってきました。
店頭で試食販売もいたしておりますので、どうぞお試しください。

2020/02/07
宮川早生(わせ)が入ってきました。
この時期の早生(わせ)のみかんは、岸田さんのこの宮川早生(わせ)だけになります。

2020/02/20
本日より晩生(おくて)の品種の大津4号が入ってきました。
房の皮が若干厚めですが、甘みはとても強く1個で十分な満足感お楽しみいただけます。
お薦めの岸田蜜柑 大津4号をご希望の方はどうぞお気軽にご連絡ください。

2020/03/03
本日より晩生(おくて)の品種の丹生(にゅう)が入ってきました。
果皮と房の皮は少し厚めですが、酸味はまったくなく甘み濃厚です。
入荷の量はそれほど多くありませんので、どうぞお早めにご連絡ください。

☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆

2018/10/17
早くも購入希望の方からお問い合わせをいただいております。
11月下旬頃からの入荷になると思われますが、入荷次第またお知らせいたしますのでどうぞ今しばらくお待ちください。

2018/12/01
お待たせいたしました。岸田蜜柑、梶原1号という早生(わせ)の品種が入ってきました。
こくのある濃い口のみかんです。
お待ちいただいている方に順にお届けしてまいります。

2018/12/21
岸田蜜柑の宮川早生田口早生がそれぞれ入ってきています。
甘みしっかりしていながら酸味もあり、コクのある味わいです。
この時期うまいもん屋イチオシのみかんです。
皆様、この岸田蜜柑をお正月にどうぞお楽しみください。

2019/02/05
宮川早生が終わり、晩生(おくて)の大津4号が入ってきました。
この後に入ってきます青島と同じく高糖度系の品種で甘みも果汁もたっぷりです。
もう一度おいしいみかんをと思われている方に、まさにぴったり。
この時期のみかんとしてお薦めいたします。

2019/02/14
高糖系の丹生(にゅう)青島がそれぞれ同時に入ってきています。

2019/02/15
紀州葵が入りました。
今シーズンはサイズの小さいものはごく僅かで小さいものほどお値段が高いです。
栽培が難しくとてもめずらしい品種です。紀州葵(外部リンク)をご覧ください。

2019/02/25
岸田蜜柑残り僅かになりました。今シーズン最後のみかんの販売となります。
ご希望の方はどうぞお早めにお知らせください。

2019/03/02
今シーズンの岸田蜜柑完売いたしました。
皆様のご利用ありがとうございました。
来シーズン12月の入荷をどうぞ楽しみにお待ちください。

☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆

2018/02/13
ただいまの品種は中生(なかて)の『紀州葵』です。
外皮はむきやすく、房皮はそれほど厚くはありません。

食味はフルーティーですっきりした甘みが特徴です。
キロ単位での販売もしておりますので、どうぞ皆様ご利用ください。

2018/03/02
新たな品種中生(なかて)の「川田」が入り販売を再開いたしております。


国東半島岸田蜜柑さんの中生品種「川田」は茶箱に入っています。
川田」は品種登録されていない幻のみかんで、
果皮がうすめ、房皮もうすく、酸味なく甘みたっぷり、
それでいながらすっきりした味わいで強くお薦めできます。
どうぞ川田温州(外部リンク)をご覧ください。

1箱5キロ入りですが、店頭では1キロからの販売をしております。

品切れもありますので、どうぞ前もってお気軽にお問合せください。

2018/03/06
岸田蜜柑の新たな品種晩生の「青島」が入ってきました。
的兵みかんでもおなじみの「青島」、この岸田蜜柑の場合はしっかり酸味があり味わいがしっかりしています。

国東半島岸田蜜柑さんの晩生品種「青島」はほんとに晩生の入荷ですが、とってもフレッシュです。


この時期にこんなにフレッシュで、シャキッとしたみかんが食べられるとは本当に驚きです。
もういちどおいしい温州みかんをという方はどうぞお早めにご連絡ください。

2018/03/14
今シーズンの岸田蜜柑さんの販売を終了いたします。
3月中旬までおいしいみかんをお届けいただきました岸田和章さんほんとうにありがとうございました。
自信をもってお薦めでき、またお買い上げいただきました皆様にもとても喜ばれました。

岸田蜜柑、来シーズンも今から楽しみにしております。


この時期ございません。



  • 岸田果樹園 
    岸田 和章さん


    岸田和章さんは世界農業遺産に認定された大分県国東半島で果樹が持つ生命力を最大限に発揮できる環境を整えて温州みかんや不知火(デコポン)などを栽培されています。

    収穫後の柑橘をトンネル熟成させたりと古いものと新しいものを融合させて柑橘の味わいをさらに深められる取り組みも実践。


    新米の収穫を競って早取りしたお米よりも、天日干しして熟成させたお米のほうがおいしいように岸田さんの蜜柑は他の生産者の方のミカンを越えた味わいがあります。



    ミカンが熟成して密柑となる、岸田さんの岸田蜜柑をどうぞお楽しみください。

    ◎ 岸田蜜柑
    ◎ 岸田デコ
    ◎ 岸田なつみ


    ページ
    トップ