メニュー
甘鯛の干物
200g前後
京都では昔から「ぐじ」とも呼ばれ和食、京料理に欠かすことのできない高級魚の甘鯛。その豊かな海の恵みを一夜干しでお楽しみください。

その名のように味わい深い甘みがあり、また白身のさっぱりとした上品な旨みがあり、口の中でほろほろとほどけるようにその身をお楽しみいただけます。皮もパリッと焼いていただくと甘鯛独特の上品な甘い香りが漂い香ばしくお召し上がりいただけます。

高級魚として有名な甘鯛ですが、一塩して干物にすることでそのやらわかな身がギュッと引きしまり、旨みが熟成してさらに歯応えもよくなりおいしさがふくらみます。

また甘鯛の干物には、頭や身の皮にも独特の旨みがあって食通にはこたえられません。

召し上がっていただくとそのおいしさが自然の恵みであることがよくおわかりいただけます。

¥600   



こちらもお薦め

真あじの干物

炙るとじわっと旨みがあふれるおいしい真あじの干物があります。
¥350



ページ
トップ