メニュー
かますの干物
170g前後
ただいま脂ののったおいしい「霜降りの赤かます」の干物があります。

秋から春にかけてのこの時期の脂ののったかますの干物は特に旨味がうみだされて、生以上のおいしさとなります。
ほくほくの焼きたてのかますにすだちなどの柑橘を搾っていただくと、またとない風味が楽しめ、この時期一番の干物としてお薦めしています。

かますには一般に「青かます(みずかます)」と「赤かます」があり、名前の通り「青かます(みずかます)」は水分が多く、「赤かます」は味に深みとこくがありワンランク上の味わいです。



 

「赤かます」 味に深みとこくがありワンランク上の味わいです。

青かます(みずかます)の旬は夏ですが、一方の赤かますは秋口から脂がのっておいしくなり冬の時期に旬となります。
またかますには普通の魚の3~4倍のカルシウムが含まれているそうです。

ほくほくの焼きたてのかますは「かますの焼き食い一升飯」というほど、ご飯との相性が抜群です。
この霜降りの赤かますでどうぞご夕飯をお楽しみください。

2017/10/25
今シーズンはまだ入荷がありません。
入荷次第お知らせしますので、どうぞ楽しみにお待ちしてください。

2018/03/01
ようやくサイズの小さいものから大きなものまで日本海のふっくらしたかますが入ってきました。
1匹それぞれ小サイズは250円、大サイズは450円になります。
この時期のおいしいかますをどうぞお楽しみください。

 ※ 干物をおいしく召し上がっていただくための賞味期限としましては、
   冷蔵保存で4日ほど、冷凍保存で1ヶ月程度くらいをご参考下さい。


¥450   



島根 浜田の赤かますが
おいしい理由、知ってます?

食べてわかる! かますの焼き食い一升飯


脂のりがよいのには、
理由(わけ)があります。

カラヌス」と呼ばれるプランクトンが
島根の沖合いには多く生息しており、
カラヌスの半分以上は脂肪分で
できています。

この「カラヌス」を栄養源とする浜田のかますは他の産地のものよりも脂ののりがよく、焼き上げるとじんわり
脂がまわってとてもおいしいのです。

是非このカラヌス喰いの浜田のかますを
お試しください。



長崎の海の幸、 
甘鯛が入ってきています


まわりを豊饒な海に囲まれた長崎、その豊かな海の恵み 甘鯛の干物です

豊潤な海に囲まれた長崎から
おいしい甘鯛の干物がやってきました。

鮮度よい甘鯛を背開きにして干した甘鯛の干物は、元来のそのやわらかな白身がギュッと引きしまり、旨みが一段とましています。

頭や身の皮にも独特の旨みがあり
食通にはこたえられない味覚
この甘鯛の干物を是非お試しください。


こちらもお薦め

真あじの干物

炙るとじわっと旨みがあふれるおいしい真あじの干物があります。
¥350



こちらもお薦め

にしんの姿煮

京の伝統的なおばんざいにしんの姿煮をお気軽に食卓で
ただいま品切れです。



こちらもお薦め

ちりめんじゃこ

そのままでも、酢の物にしてもとてもおいしく召し上がっていただける噛めば噛むほど味がでてくる上乾無添加の特選ちりめんじゃこです。
¥1000



こちらもお薦め

かつおの角煮

南国土佐で鰹一筋150年、土佐沖でとれた新鮮な鰹にこだわりぬいた本物の味わいをおいしい角煮でお楽しみいただけます。
¥500



こちらもお薦め

にろぎの丸干し

南国土佐のうまいもん にろぎの丸干しが入ってきました。小さなものは6センチほど、けれどその中には旨みがギュッとつまっています。
ただいま品切れです。



こちらもお薦め

甘鯛の干物

まわりを豊饒な海に囲まれた長崎、その豊かな海の恵み 甘鯛の干物です。
¥600



ページ
トップ